2009年04月16日

ひじきごはん



おいしい!!
無題.bmp
我が家で評判のひじきのふりかけです。

お弁当でも大活躍!!お気に入りの一品です。

http://item.rakuten.co.jp/kawamoto/1-9/

以前からおいしいと思っていたのですが、
お弁当に入れていたひじきごはんを
知人に分けてあげたところ
「どこで買ったの?私もほしいわ」とリクエストされてしまいました。

そこで、お勧め一品として、紹介します。
お試しください。

posted by ちょび at 01:34| Comment(52) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

ザゼンソウ

ザゼンソウ.jpg今津にザゼンソウが見られる場所があります。

2月下旬から3月上旬。
お坊さんが座禅をくんでいる姿に似ていることから
この名がつけられたようです。

サトイモ科の植物で、湿地に生息。

座禅最中もおみやげになったり、
地元の観光に一役かっています。

見たらご利益があるとかだったら、
不景気の世の中、
もっと有名になるかも知れませんね

posted by ちょび at 15:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

「ありがとうの会」

 
 「ありがとうの会」のSNSを紹介します。

 「ありがとうの会」(http://arigatou-gozaimasu.net/

 「ザ・出会い力」という情報商材の中で取り上げられていたらしいのですが、

 「ありがとう」という言葉を、10万回、口に出していうと、
奇跡のようなことが起こるというのです(笑)。

 いま、「そ・わ・か」の法則(サンマーク出版/小林 正観著)を読んでいます。


 ありがとうという言葉を、25000回達成したときに、
「ザ・出会い力」の作者である大杉さんに訪れた、素晴らしい幸運や
小林 正観氏が、本の中で触れているような奇跡のような出来事が
起こる可能性があるとすれば、トライして損はないと思うのです。

 小林氏によれば、「損得勘定抜きに」などと考えずに、
「損得勘定あり」であろうがなんであろうが、
とにかくやってみたほうがよいということでした。

 そんなわけで、現在の科学認識では、「根拠のない」戯言かもしれませんが、
「よいと言われていることは、何でもやる」という精神が大切だと思いますで、
ぜひ、あなたも、巻き込みたいと思っているのです(笑

「ありがとうの会」(http://arigatou-gozaimasu.net/)は、
招待制ではなく、だれでも参加できるオープン制です。

ありがとうは素敵な言葉だと思います。

 
posted by ちょび at 01:00| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま) 人間万事塞翁が馬

cuteball.gifご存知だったでしょうか?
私は最近まで
「にんげんばんじさいおうがうま」と読むものだと思っていました。
何が良くて何が悪いか
良い事と悪いことは、ホントに背中合わせ・・・

正確な言葉の教えは下記のようです。

人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)

 中国の北の方に占いの上手な老人が住んでいました。さらに北には胡(こ)という異民族が住んでおり、国境には城塞がありました。
ある時どういうわけか、その老人の馬が北の胡の国のほうに逃げていってしまいました。この辺の北の地方の馬は良い馬が多く、高く売れるので近所の人々は気の毒がって老人をなぐさめに行きました。ところが老人は残念がっている様子もなく言いました。

「このことが幸福にならないとも限らないよ。」
 そしてしばらく経ったある日、逃げ出した馬が胡の良い馬をたくさんつれて帰ってきました。そこで近所の人たちがお祝いを言いに行くと、老人は首を振って言いました。
「このことが禍(わざわい)にならないとも限らないよ。」
 しばらくすると、老人の息子がその馬から落ちて足の骨を折ってしまいました。近所の人たちがかわいそうに思ってなぐさめに行くと、老人は平然と言いました。
「このことが幸福にならないとも限らないよ。」
 1年が経ったころ胡の人たちが城塞に攻め入ってきました。城塞近くの若者はすべて戦いに行きました。そして、何とか胡人から守ることができましたが、その多くは戦いで死んでしまいました。しかし、老人の息子は足を負傷していたので、戦いに行かずに済み、無事でした。
 この話は、中国の古い書物「淮南子(えなんじ)」に書かれています。

 「人間万事塞翁が馬」の「人間(じんかん)」とは日本で言う人間(にんげん)の事ではなく、世間(せけん)という意味です。「塞翁」というのは、城塞に住んでいる「翁(おきな)=老人」という意味です。総合すると、「城塞に住む老人の馬がもたらした運命は、福から禍へ、また禍から福へと人生に変化をもたらした。まったく禍福というのは予測できないものである。」という事です。


  人生と言うものはそんなものかもしれないな・・・
なんて思うのは歳をとってきたって事なのかもしれない
と、ちょっとショックをうけています。

昔、おみくじで、凶を引いた人に
「物は考えようで、これ以上悪くならないと言うことですから、
今が悪くても、こらから良くなるということですよ」
となぐさめると、
横にいた大吉の人が
「わたしはどうなん?」
と言った話を思い出しました。

物事は考えようかもしれませんね。

posted by ちょび at 14:19| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

簡単にできるレシピ

私の住む地区には
小中学校で給食があります。

先日、PTAのイベントで、
給食にもでる簡単レシピを
5つ、習ってきました。

どうせ給食なので・・・
と、期待してなかったのですが、
結構お味もおいしく
家でも使えるなァと思ったので
紹介します。


我が子も好きだというメニュー

ナッツごぼう

材料(4人前)
 ごぼう         60g 
 さつまいも       60g 
 大豆          25g
 小麦粉        大さじ2
 揚げ油        適宜
 アーモンド(ダイズ) 10g
 A
 三温糖        小さじ2
 しょうゆ        小さじ1と1/2
 みりん         小さじ1と1/2
 水           小さじ1

作り方
  大豆は水に戻したものを使用(前日より水につけておくと良い)
  ごぼうは5mmの斜め半月切り。
  さつまいもは5mmのいちょう切り。
  アーモンドは乾煎りする。

  ごぼう、さつまいも、大豆の水気をとり、小麦粉をまぶして油で揚げる。

   Aの調味料を煮立てタレを作り、揚げた材料とアーモンドをからめる。

ビールのおつまみにもあいそう♪

お試しください。

wine.gif
posted by ちょび at 17:28| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

おもろ

P1000450.JPG 

亡き母の靴下が出てきた。
 あったかそうなのではいてみると


豚足靴下であった。・・・

元気だった母も亡くなる10年ほど前から寝たきりで、足も動かせなかったので、
豚足靴下や五本指靴下を使用していたっけ・・・。

 
きのう、TV番組の中で、豚足のことを

おもろと静岡では言うことを知った。
出演していたなべあつが「オモローはぼくのものやん」といっていた。

ちなみになべあつは、私とおなじ滋賀県人・・・・。


豚足と言えば沖縄をイメージしてしまうけれど、
いろんなところで食べられているんですね。

ぷりぷりでコラーゲンたっぷりらしい。

posted by ちょび at 14:42| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

あったか スープ



 寒くなってくると暖かいものが恋しくなります。

スープって、ミキサーさえあれば簡単に作れることをご存知ですか?

今回は大豆のスープをご紹介しますが、

大豆をカボチャに変えてもOK.

おためしください。
GUM07_CL02206.jpg
大豆のスープ
 
  材料
   大豆の水煮缶詰
   たまねぎ
   ガラスープ(コンソメなど)
   生クリーム
   バター
   水

  作り方
   @たまねぎを細かく切り煮る。柔らかくなったら、火を止めてさます。
   A大きめの鍋に水少量を入れ火にかけ、煮立ったら、ガラスープ(私は有紀のガラスープのもとを使用しています。)
   B@のたまねぎと(煮た水の使用します。)大豆の缶詰をミキサーにかけ約2分。Aの鍋に移します。
   C弱火で煮て、最後にバターと生クリームを入れます。生クリームを入れてかき混ぜたら、すぐに火を止めます。

 分量は作りたい量にもよりますが、たまねぎは多めでも美味しいです。味を調えたいときは、ガラスープのもと、また、塩コショウなどで、お好みの味に

 
posted by ちょび at 12:00| Comment(0) | 主婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

産科医不足と安全なお産

 先日からのニュースで東京都内の妊婦が
8カ所の病院に受け入れを断られ、脳内出血で死亡した問題を知った。

 産科医不足は、以前からワイドショーなどでも、耳にしていたが、
実際に、このような事件が起こると、考えさせられてしまう。

 お医者様の立場を思うと、
産科は24時間(お産はいつ起こるかわからないから)営業だし、
命の誕生にたずさわる素晴らしい職業だけれど、
一歩間違うと、訴えられたり・・・
リスクの高い職業だし、
少子化問題もあり、
産科医が不足するのも、もっともなことであると思う。

 産む側の立場からしてみれば、
そんなことを言ってもらっても困るし、
近くで、安心してお産に望みたいものであると思う。


私の住む近くの公立病院でも
一時、産科でのお産が出来なくなっていたが、
最近また再開された。

 産科医だけでなく、経営赤字の問題などで、
業務の縮小をされている病院がおおいらしい・・・


保険料の滞納問題もあり、
日本の将来もアメリカのように
患者を病院が選ぶようになり、
お金のない患者は、
病院から拒否されるようになるかもしれない。

ますます、格差社会の問題が大きくなっていきそう・・・・がく〜(落胆した顔)
posted by ちょび at 15:45| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

冷凍インゲン


 TVでも冷凍インゲンのニュースが流れ・・

またか・・と思いながら、

食の安全性への心配をする。

家計の節約のためにも、安くて使いやすい食材は貴重なのにね。


餃子のときもそうだったけれど、

中国へのイメージも悪くなってしまう。


原産地をみて、『中国産』と書いてあると、買うのを、ついためらってしまう。

でも、中国産の商品が実にたくさんあることに、あらためて気がついた。




ちょっと前に、米の問題が話題になっていたが、

こらからの子どもたちの未来はどうなってしまうのか・・・

アトピーの他にも、いろいろとやっかいな病気がでてくるだろう。


未来が心配・・・・
posted by ちょび at 00:51| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

ロス疑惑

 
 最近の事件ので、印象に残っているのが、

阪神が優勝を逃したことと、がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

ロス疑惑の三浦社長の自殺・・・・

真実は何だったのか?

三浦社長が、サイパンで再逮捕されたときは・・・

昔の事件にそんなことがあったなぁ・・・・と思ったくらいだったのですが、

サイパンでの長い拘束の後のロスへの輸送・・・

精神的にもまいってしまったのかな・・?

それとも、やはり疑惑が真実で・・?

それとも、自殺はやらせ・・実は殺された?

いろいろとなぞを残したまま

あっけなく終ってしまうような気がします。


 お金持ちで裕福な夫婦の謎?!
あの世で解決しているかしら?


我が家はお金には無縁なので・・・心配ないようですが。


それにしても、

阪神はなんてどんくさい!ちっ(怒った顔)
posted by ちょび at 08:33| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。